タグ別アーカイブ: スイス代表 ユニフォーム

2016 スイス代表 ホーム ユニフォーム 半袖 通販

プーマのスイス代表 ユニフォーム。2016 モデル。2016 スイス代表 ホーム ユニフォーム 半袖です。

☆2016 スイス代表 ホーム ユニフォーム 半袖 商品詳細☆

販売価格:¥3,550円

素材:ポリエステル 100%

シーズン:2016

発売時期:2015年11月

メーカーカラー:レッド

デザイン 詳細:2016 スイス代表 ホーム ユニフォーム 半袖は伝統的な赤を基調にデザインしました。ユニフォームのフロント、背中と袖には、スタイリッシュでエレガントな両方見え、肩を横縞に追加しました。古典的な白のストライプを肩部分と袖に配置しています。肩の縫い目を排除し、腕の下メッシュ生地を採用して熱の放散を確保します。ユニフォームの左胸にスイス国旗に配置し、右胸には、協会エンブレムを織りワッペン。

商品特徴

・観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。
・全身には濃淡違うレッドのストライプでデザイン。
・肩にはホワイトの切り替えのデザインを採用。
・基本となるクルーネック。
・メーカーブランドは前続き「プーマ」、メーカーロゴは刺繍。
・チームエンブレムはワッペン織り縫い付け。

スイス代表の注目選手-▼#10番.グラニト・ジャカについて

グラニト・ジャカは、スイス連邦バーゼル出身のスイス代表サッカー選手。ポジションはMF。イングランド・プレミアリーグ・アーセナルFC所属。2016 スイス代表 背番号は10番。

スイス代表として世代別代表に選出され、2009 FIFA U-17ワールドカップでは優勝に貢献。UEFA U-21欧州選手権2011にも出場した。

2011年6月4日、イングランド戦でスイス代表デビューを果たした。同年11月15日のルクセンブルクとの親善試合で代表初得点となる決勝ゴールを挙げた。

UEFA EURO 2016では、初戦で兄のタウラント・ジャカ擁するアルバニア戦とぶつかり、EURO史上初となる兄弟同士での試合が実現。試合はスイスの勝利に終わり、グラニトはMOMに選出された。

グラニト・ジャカが2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選で出場した。

ネーム:XHAKA
背・胸番号:10

スイス代表の注目選手-▼#23番.ジェルダン・シャチリについて

ジェルダン・シャチリは、ユーゴスラビア(現コソボ)、コソボ自治州ジラン出身のプロサッカー選手。スイス代表。ポジションはミッドフィールダー(MF)。当店で2016 スイス代表 ホーム ユニフォーム ▼#23.ジェルダン・シャチリ 半袖を激安な価格で販売している。マーキングも格安で¥118円~

スイス代表としてはユースで代表に呼ばれ、2010年にはウルグアイとの親善試合でA代表デビュー。2010 FIFAワールドカップにおけるグループリーグの対ホンジュラス戦にて、ワールドカップ初出場を果たした。

2010年9月7日のEURO2012予選、イングランド戦で代表初ゴールを記録。2011年9月6日のUEFA欧州選手権2012予選ブルガリア戦ではおよそ1年ぶりの得点を上げると、さらに2得点を重ねハットトリックを達成し、勝利に貢献した。

2014 FIFAワールドカップのグループリーグの対ホンジュラス戦でハットトリックを達成し、スイスのグループリーグ突破に貢献した。

2016 スイス代表 MF 背番号は23番。

ネーム:SHAQIRI
背・胸番号:23

サッカースイス代表について

サッカースイス代表について

概要:

サッカースイス代表はスイスサッカー協会(ASF / SFV)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。

FIFAワールドカップでは初参加の1934年大会で予選を突破し、8強入りを果たすと、続く1938年大会でもドイツを破ってベスト8進出。

4大会連続出場となった地元開催の1954年大会でイタリアに2勝して3度目のベスト8入りを果たすが、それ以降は1962年大会と1966年大会でいずれも3敗した以外は、予選敗退が続いた。

1994年大会はイタリア相手に1勝1分で凌ぐなど健闘し、欧州予選を7大会ぶりに突破すると、本大会でも16強入りした。

その後2大会は予選をグループ4位でいずれも敗退するが、2006年大会と2010年大会では大会を盛り上げ、2014年大会でも欧州予選で2位に7ポイント差を離してグループ1位突破を果たし、10度目の出場を決めた。本大会ではグループリーグを突破し、決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンに敗れた。

ユニフォーム:大体、サッカースイス代表のホームユニフォームの伝統的なデザインが赤のユニフォーム、白いパンツと赤のソックスでコーデしました。その一方、アウェイのが白いユニフォーム、赤いパンツと白いソックスにしました。代表チームの原因で、たまにはユニフォームが全体赤と全体白の場合があります。