タグ別アーカイブ: サッカースイス代表

サッカースイス代表について

サッカースイス代表について

概要:

サッカースイス代表はスイスサッカー協会(ASF / SFV)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。

FIFAワールドカップでは初参加の1934年大会で予選を突破し、8強入りを果たすと、続く1938年大会でもドイツを破ってベスト8進出。

4大会連続出場となった地元開催の1954年大会でイタリアに2勝して3度目のベスト8入りを果たすが、それ以降は1962年大会と1966年大会でいずれも3敗した以外は、予選敗退が続いた。

1994年大会はイタリア相手に1勝1分で凌ぐなど健闘し、欧州予選を7大会ぶりに突破すると、本大会でも16強入りした。

その後2大会は予選をグループ4位でいずれも敗退するが、2006年大会と2010年大会では大会を盛り上げ、2014年大会でも欧州予選で2位に7ポイント差を離してグループ1位突破を果たし、10度目の出場を決めた。本大会ではグループリーグを突破し、決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンに敗れた。

ユニフォーム:大体、サッカースイス代表のホームユニフォームの伝統的なデザインが赤のユニフォーム、白いパンツと赤のソックスでコーデしました。その一方、アウェイのが白いユニフォーム、赤いパンツと白いソックスにしました。代表チームの原因で、たまにはユニフォームが全体赤と全体白の場合があります。